영문판 준비중입니다 アトピーもう心配しないでください 你好?云火韩医院
 
 
 
治療の全体像
今までの治療法の長所と短所
 
生肌脱殻療法
 - 治療サイクル
 - 発病期
 - 発熱期
 - 発現期
 - 殻質期
 - 生肌期
 - 収縮期
 - 整理期
 - 完了期
彰排帰原法 
 - 彰排法
 - 帰原法
発現期のさまざまな状態
補助的な治療
 
部分的なアトピー
 
夏のアトピーキャンプ
冬のアトピーキャンプ
日本アトピーキャンプ 
申し込み
 
 


漢方学的には小児に生じる皮膚疾患の中で胎熱、内癬または胎癬、胎斂瘡と言って、治療した記録があります。一番最初に、皇帝内径小文という本の「四時刺逆従論篇」部分で、皮膚疾患について言及しているのですが、「少陰有予病皮痺陰疹」といって、心臓の気があふれて、皮膚病を起こすという説明があります。また、陳實功という人は、「外科正宗」という本で、病気の原因と皮膚の損傷について書いていますが、「親が胎内にいるとき、親が辛いものと焼いたものを食べて子供に熱が伝わって生じ、寝むれないほどのかゆさが続く」とあります。また清の国「呉謙」という学者は、「医宗金鑑」という本で、分類をしていますが、「ちょうど葉が風に吹かれて落ちるようなものを乾斂といい、お湯で体を洗い皮膚が粟のように出てきて、黄色みがかかった膿がにじみ出ているのを湿斂だ」と言いました。
最近は、昔とは比較にならないほどの様々な原因のために、多くの人たちがアトピーのようなアレルギー疾患に悩まされており、不治の病となって、言葉では言い表せない苦しみを受けています。このアトピーの一般的な発病原因は、次のようになります。

 

 
  胎熱と言います
  母体環境 母体の環境的要素がアトピーを起こしたと考える場合です。子宮環境とも言いますが、お酒やたばこによるものや、辛いもの(にんにくや唐辛子など)をたくさん食べた場合、妊娠中に薬を多量に服用したり、過度のストレスなどで母体の環境が良くなかった場合、アトピーを起こすことがあります。
  遺伝的要素 親がアレルギー疾患を持っている場合、子どもにも移って発病するケースが多くあります。おじいさんおばあさんの代にはアトピーがなかったのですが、親の代にアレルギー疾患である鼻炎、アレルギー性結膜炎、喘息などがあるばあい、アトピーの子が生まれる場合が多いのですが、そのような遺伝的な要素に該当します。
 

文明病、現代病、産業病とも言われるほど急速な産業化が自然環境を汚染し、そこから派生した多くの有害毒素が人体に影響を与えて発病することを指します。




  環境汚染 : 大気汚染によってオゾン層が損失し、人体が受ける紫外線の量が増えるようになり、そのために、紫外線の光線によるアレルギー、発熱、湿疹が増え、コーリン性湿疹、アトピーのような複合的な皮膚疾患が増えてきています。 
  空気汚染 : 大気汚染によってオゾン層が損失し、人体が受ける紫外線の量が増えるようになり、そのために、紫外線の光線によるアレルギー、発熱、湿疹が増え、コーリン性湿疹、アトピーのような複合的な皮膚疾患が増えてきています。 
  水質汚染 :

各種の生活排水と汚染された水源だけでなく、各種の添加物が入った清涼飲料水は人体に毒素を供給し、洗濯と台所の洗剤、各種の入浴用品の添加物の化学毒性は皮膚疾患の原因になっています。

  住居環境: シックハウス症候群や、接着剤、床、衣服や家具、電磁波、コンピューターなど新しい環境は良く見えますが、ここから出てくる様々な有害要素のためにアトピーが発病します。

 

食生活の環境が汚染されたもので、防腐剤と漂白剤、化学調味料、農薬、そしてインスタント食品の過食と肉類の過食、甘いもの塩辛いものの過食、お酒とタバコ、コーヒーなどを過度に摂取することから、体の熱毒が貯蓄されることを言います。

  小さいときから抗生物質を使った治療を受けたり、ステロイド製剤や、抗ヒスタミン剤、鎮痛剤など多くの薬物を必要以上に使用し、人体が抵抗力や免疫力を失って、発生する場合を指します。



 

アトピーは「神経皮膚炎」という名前も持っています。特に、かゆみは心理状態と密接な関係を持っています。最近、国会に報告された資料によれば、アトピーの発病が子供だけではなく成人の層にだんだん移っていって、30代の患者が3年で26%も増えていて、60歳以上の高齢層でも19%も増えていると報告されています。これは環境や食べ物によるものもありますが、急変する社会に対する精神的な葛藤や心の衝突、また不安と悩みなどによって心の毒が人体に影響を与えてアトピーを誘発した場合です。